2015年10月23日

ロータリーと私 4(柳生好春)

ガバナー月信10月号から転載します。
********************

 2010年の7月からRIは戦略計画を発表、実施しました。これに先立ちアメリカや日本などの先進国での会員減少に危機感をもったRIは、1万4千名のロータリアンのアンケート調査を世界規模で行いました。その結果まとめられたのが、この戦略計画です。以来、定期的にその戦略計画について数万人規模のロータリアンの意識調査を行い90%を超える高い支持を得ています。以前に日本では長期計画と訳されていましたが先月号で指摘したようにRIを始めとするロータリーの機能体的組織への変容に伴い文字通り「戦略計画」と訳されるようになったと推測できます。

 ロータリーの共同体的な面を重く見る人々はこの戦略という言葉に違和感を持つようです。ロータリー財団の「未来の夢計画」の実施で地区の裁量権が拡大して利用しやすくなる一方、計画、実行、検証、成果、継続性などが求められるのも必然の帰結です。多くのロータリアンの寄付を財源とするからには責任ある対応が求められます。ロータリークラブは寄付を集めれば良く、後はRIが有効に使ってくれるだろう、というようなことでは、もう立ち行かなくなってきたのです。あくまでも当事者意識をもつ奉仕活動が求められています。

 戦略計画の三本柱は@クラブのサポートと強化A奉仕活動の重点化と増加B公共イメージと認知度の向上となっています。
@は正にクラブを活性化、強化するもので、会員減少に苦しんでいるクラブは会員増強に注力し、マンネリに陥っているクラブは卓話の充実など、例会の見直しが必要です。例会の充実が会員の満足度を上げ退会を防ぎ会員増強に繋がると確信しています。5月の地区研修・協議会の新会員の部会では例会に出席することの意義が先輩ロータリアンから強調されました。クラブの革新性・刷新性が問われます。

 Aはクラブの強みを活かした奉仕活動を推進することでロータリアンに矜恃が生まれ、クラブが活性化します。@に繋がるものです。@の充実がAを促進し、Aの実行が@をもたらします。ロータリーは奉仕団体と定義づけられている現在、本質的な活動であり、「他人を思いやり、他人のために尽くす」Service above selfの実践です。重点化と増加とありますが、戦略ですから重点化が特に重要だと考えます。BはAの奉仕活動の重点化と増加が充実して始めて効果を発揮します。こう考えていくと3つの項目はそれぞれ関連しあい、一体として機能すると言えます。


柳生好春


20150315_m_55164e5405caa.jpg

posted by 国際ロータリー第2610地区 at 17:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする